オプション取引の基本

オプション取引とは、

原資産を、一定期間後の特定日(清算日)か、あるいは種類によってはそれ以前で条件が満たされた時点で権利を行使し、特定の価格で売り買いする権利。

基本的に上げ相場でも下げ相場でも利益を上げやすいとされている取引です。

オプション取引で有名な人物は、 増田丞美の日経225オプション実践講座などがあります。

基本的にオプション(権利)の種類は4つあります。

買う権利のコール、売る権利のプット、それぞれの権利を売り買いできます。

買い手が権利の行使を放棄出来るのに対し、売り手は権利を行使されればその金額で売らなくてはいけません。

買い手であれば権利放棄することで、損を確定させることができます。

つまり限度を決めることが出来る投資ということで人気が高いのです。

これがオプション取引です。