学資保険という投資

保険と投資は似て異なる物だと思われています。

しかし、保険も投資も同じ投資であることに変わりありません。

学資保険の場合、一定期間の保険料の支払いに対して、利回り110%を約束してくれたりします。

分割投資です。

運用は保険会社が行うので、リスクと言えば保険会社の破たんか、家計の破たんによる解約くらいです。

必ず使う保険なのでお得と考えられており、加入する人がとても多い保険です。

選び方は利回りです。

つまり戻り率。

いくらになるのってことですね。

 

しかし、受け取り方も考えなくては意味がない保険になりかねない要素もあります。

選び方は慎重にするべきです。

学資保険に対しては家計の破たんリスクも考えて、絶対損しない保険にしなければいけません。

参考:学資保険 選び方

 

 

オプション取引の基本

オプション取引とは、

原資産を、一定期間後の特定日(清算日)か、あるいは種類によってはそれ以前で条件が満たされた時点で権利を行使し、特定の価格で売り買いする権利。

基本的に上げ相場でも下げ相場でも利益を上げやすいとされている取引です。

オプション取引で有名な人物は、 増田丞美の日経225オプション実践講座などがあります。

基本的にオプション(権利)の種類は4つあります。

買う権利のコール、売る権利のプット、それぞれの権利を売り買いできます。

買い手が権利の行使を放棄出来るのに対し、売り手は権利を行使されればその金額で売らなくてはいけません。

買い手であれば権利放棄することで、損を確定させることができます。

つまり限度を決めることが出来る投資ということで人気が高いのです。

これがオプション取引です。

 

 

 

NISAは得?損?

NISA=少額非課税投資

4年間同じ口座で年間100万円ずつ投資が出来て、

その利益はすべて非課税になるものです。

 

非課税が魅力で、うまく運用できれば利益はまるごと手に入ります。

NISAで成功するには、利益を出すことが重要です。

 

NISAは途中で売却するとその枠は終了になります。

損が出ている場合は、売るかそのままにするかになりますが、

課税口座に移した場合は、もし値下がりしてまた値が戻ったとすると戻り値は課税されます。

100万で購入し80万円になり、課税口座へ移した後また100万円に戻った → 20万円に対し課税

なって事だと残念です。

損が出た場合、最後まで持っておいてロールオーバーが得策です。

またちがうNISAを行うという事です。

 

これが一般的に言われているNISAですが、管理人から見ると運用が難しいなと感じます。

NISAの魅力

1、非課税

2、投資が簡単に見える

 

非課税をえさに一般の方にも投資をしてもらって、経済を回そうというものですね。

経済政策としてはいいのかもしれませんが、

最後に全体で儲かった人がどれくらいいるのかは発表してもらいたいですね。

 

きっとそうはいないでしょう。

儲ける人はごくわずか、その中にどうやって入るのかしっかりと勉強しましょう。

 

 

 

 

 

 

NOI(Net Operating Income)利回りとは?

NOI(Net Operating Income)といって、

不動産から得られる収益から不動産の管理費など経費を差し引いた後に残る純利益の事です。

仕入販売でいう減価ですね。

 

純利益を物件価格で割って求めることからキャップ・レートとも呼ばれていますが、

REIT平均は3.8%程度となっていますね。(2013年11月現在)

不動産投資信託=REIT(Real Estate Investment Trust、リート)

 

公募増資について

公募増資の定義

公募増資は、広く一般に株主を募集する新株式の発行形態で、時価を基準にした価格で新株式を発行する方法です。


この増資方法には、市場機能を通じて資金の適性配分が行われること、株主資本比率の向上など財務体質改善に対する即効性が期待できるといった特徴があります。

(東京取引証券所より)

 

企業がお金を集めるのにいい方法ですが、

企業の今後の成長への期待度が高くないと資金調達がうまくいきません。

公募増資でお金を集めることは、企業にとってはとっておありがたい調達方法なのです。